二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

今回は、体のパーツを痩せさせたい時に、主に美容整形外科で施術を受けることができる「脂肪吸引」についてご紹介いたします。

安くはない医療費ですが、ある程度のお金を払うと簡単に体のパーツから脂肪を取り除いてもらえ、手っ取り早く細い体を手にいれることができるのが脂肪吸引。

 

二の腕のダイエットに実践する人もいますが、そのメリットやデメリット、それに体験談はどのようなものなのでしょうか?

そこで今回は、二の腕痩せで脂肪吸引は失敗するのか実際の口コミを調査してみました!

ぜひ、気になる人は参考にしてみてくださいね。

 

京子
脂肪吸引ってやってみたいけどリスクもあるって聞くんだよね・・・
美香
今回は、脂肪吸引のメリット・デメリットも合わせてご紹介していきます!

 

脂肪吸引とは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

そもそも脂肪吸引とは、皮下脂肪を特殊な吸引管で取り除く手術のことを指します。

皮下脂肪に悩んでいる人や部分的に脂肪を取りたい人、またダイエットとリバウンドを繰り返している人に用いられることが多い医療行為です。

 

脂肪吸引の方法は?

脂肪を減らしたい場所に医療用具である専門の管を挿入し、脂肪を吸引、除去していきます。

脂肪吸引法がポピュラーになる以前は、脂肪を切除する方法が主流であったのですが、傷が小さい事などが理由となって今では脂肪を減らす方法としてこの脂肪吸引が主流となっています。

 

通常は、吸引前に止血効果や鎮痛効果のある溶液を吸引部位に注入して脂肪を吸引管で吸引します。

この従来の方法では、硬い脂肪を直接吸引するため体への負担が大きく、術後皮膚が凸凹になる、質感が悪くなる等、デメリットも多くありました。

 

ですが、最近では医学の進歩により、そうしたデメリットはずいぶん改善されてきました。

京子
最終的な仕上がりは、新しい技術も大切ですが今でも術者の技術に大きく左右される事も事実であると言われています。

 

脂肪吸引技術の進歩とは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

ここでは、進化した脂肪吸引の技術について、経年で技術の詳細をご紹介いたします。

 

その1:体内式超音波脂肪吸引(第一世代超音波)

先端から超音波を発する管を用い、脂肪に直接超音波を照射して脂肪細胞を破壊し、吸引していく方法です。

初期のものは超音波の出力が強く、内側から皮膚を傷つけたり(火傷)、炎症が長引く事がありましたが皮下脂肪の約70%の除去が可能となっています。

 

その2:体外式超音波脂肪吸引(第二世代超音波)

皮膚表面から超音波を当てて脂肪を柔らかくし、カニューレで吸引していく方法です。

純粋な初代WET法よりも体への負担が少ないため普及しました。

 

しかし、超音波を当てる際に表皮を火傷する可能性がある等のデメリットも多い方法です。

また、初期の頃と同じく、皮下脂肪の約70%の除去が可能となっています。

 

その3:PAL(パワーアシスト)脂肪吸引

カニューレ(吸引管)自体が振動し、脂肪を破砕、吸引しやすくする方法です。

ハンドピースが大きいなど難点も多く、今ではほとんど使われない施術法です。

 

その4:エルコーニアレーザー脂肪吸引

エルコーニアレーザーというレーザー光を皮膚表面から数分間照射して脂肪細胞を柔らかくし、カニューレで吸引していきます。

脂肪が柔らかくなるため初期の方法より体への負担が少ないのが特徴です。

 

エルコーニアレーザーは脂肪吸引に使用する低出力レーザー機です。

皮下脂肪の約70%の除去が可能。

 

その5:ボディジェット脂肪吸引

カニューレの先から出るジェット水流で脂肪を分解し吸引していきます。

水の力で組織を分離(脂肪細胞間、及び脂肪組織と筋肉組織など)するため、周辺組織への負担、体への負担が少ないのが特徴。

皮下脂肪の約70%の除去が可能。

 

その6:ベイザー脂肪吸引(第三世代超音波)

カニューレの先端から出る特殊な振動エネルギーであるベイザー(VASER)波で脂肪を乳化、また硬い結合組織も軟弱化させ吸引していきます。

ベイザー波には止血効果もあり、体への負担が少ないのが特徴です。

 

ベイザー波を用いた脂肪吸引により安全に皮膚直下の浅い層の脂肪まで除去でき、皮膚の引き締め効果もある方法。

皮下脂肪の約90%の除去が可能となっています。

 

脂肪吸引のメリットは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

続いては、そうした脂肪吸引のメリットとデメリットを確認していきましょう。

まずは、脂肪吸引を受けることによって得られるメリットを見てみましょう。

 

1:部分痩せができる

通常のダイエットでは体全体の脂肪が燃焼されるため、部分痩せをするのはなかなか難しいです。

しかし、脂肪吸引は痩せたいと思った部分の「脂肪細胞の数を減らす」ので、痩せたい部分をピンポイントで整えることができます。

 

2:食事制限や運動をする必要がない

ダイエットに付きもののつらい行動、長期にわたる食事制限や運動などをすることなく、痩せたい部分の脂肪を減らすことができます。

 

3:リバウンドが起こりにくい

ダイエットの場合は、大きくなった脂肪細胞を小さくして脂肪全体の容量を減らすようアプローチするため、エネルギー摂取が増えれば脂肪細胞もまた大きくなります。

これが、いわゆるリバウンドというものです。

 

それに対して脂肪吸引は、脂肪細胞の数そのものを減らすため、脂肪細胞が少なくなった部分はリバウンドしにくくなるというわけです。

 

4:痩せにくい部分をサイズダウンすることができる

二の腕や頬など、通常のダイエットでは脂肪を落とすのが難しい部分でも、脂肪吸引なら簡単にサイズダウンすることができます。

 

脂肪吸引のデメリットは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

続いては、気になるデメリットを確認してみましょう。

 

1:高額な費用がかかる

脂肪吸引には健康保険が使えないため、多くの場合、一度の施術に20万以上の高い費用がかかります。

また、方法や施術部位によっては一度で終わらず、数回に分けた施術になることもあります。

 

よって、一度の施術費用はそれほど高くなくても、トータルで見るとかなり高額になるケースもあります。

 

2:痛みがある

方法によって痛みの程度は異なりますが、脂肪吸引が体にある程度の負担をかける施術であることは確かです。

麻酔や痛み止めを使いますが、それでもまったく痛みがないということはほとんどなく、術後もしばらくは痛みを我慢しなければなりません。

 

3:回復するまでに時間がかかる場合がある

脂肪吸引では、ダウンタイム(痛みや腫れが引いて通常通りになるまでの期間)が長くなる場合があります。

期間は吸引方法によって異なりますが、多くの脂肪を吸引した場合や出血量が多かった場合は、特に時間がかかります。

 

4:術者の技術によっては美しくない仕上がりになる可能性が

術者の技術力によっては、吸引した後の皮膚が凸凹になるなど、美しくない仕上がりになる場合があります。

同じ脂肪吸引の方法だったとしても術者によってでき栄えがかなり変わり、医療事故という最悪のケースも報告されています。

 

そのため、ドクター選びはとても重要です。

 

5:吸引した部位以外には脂肪がつく可能性が

脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らす手術であるため、通常のダイエットよりはリバウンドしにくい痩身法です。

しかし、カロリー過多の食事や運動不足の生活を続けると吸引した部位以外の脂肪細胞が膨らみ、再び肥満体型になる可能性もあります。

 

6:体重はあまり減らない

脂肪自体にはあまり重量がないため、脂肪を吸引したからといって劇的に体重が減るということはありません。

気になる部分の余分な脂肪がなくなるので引き締まった印象にはなりますが、体重計の数値にはほとんど変動がないのが通常です。

 

もちろん、大量に取った場合は体重も減りますが、体重が変わるほどの脂肪吸引には高いリスクがともなうため、あまりおすすめされていません。

 

7:内臓脂肪の多いメタボリックシンドロームは改善されない

肥満のなかには内臓に脂肪がつくメタボリックシンドロームがありますが、脂肪吸引では内臓脂肪を取ることができないため、これを改善することはできません。

 

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

部分的な脂肪を落とすことが目的とされている脂肪吸引の施術では、吸引そのものが原因となった直接的な死亡例はまだ確認されていないというのが一般的な見解です。

しかし、脂肪吸引の手術時に、ドクターのミスや医師不足などの人為的な事故により、死亡に至ったケースは数件報告されています。

 

実際に脂肪吸引を行う際には、こうした重大事故を避けるためにも、病院選びと担当ドクターとのコミュニケーションが大変重要です。

脂肪吸引手術を検討している方は、まずはそのクリニックの手術実績や担当ドクターの経歴を確認しましょう。

 

そのうえで、これまでの病歴や服用している薬剤についての確認や超音波検査、血液検査などをきちんと行い、肥満についてのカウンセリングが充実しているかどうかをチェックしてください。

美香
十分に納得できる説明が得られない場合は、いくつかの病院を比較して検討してみるのがよいでしょう。

 

二の腕を脂肪吸引した人の口コミは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

女性30代:Aさん

Aさん
なかなか自分でのダイエットが続かず、半袖を着るのも、二の腕をカバーしてくれそうなデザインでないと恥ずかしくて着れないほどになってきたため、しっかり変化の感じられそうな脂肪吸引をしようと思いました。

脂肪吸引の得意だという先生がいたという理由でクリニックを選びました。

友達の勧めもあり、他県でしたが選びました。

手術中は麻酔が効いているので基本大丈夫ですが、一瞬意識が戻り、痛みを感じました。

術後はそのまま新幹線で帰れる程度の痛みで、2〜3日は強い筋肉痛みたいなかんじで念のため痛み止めを飲みましたが、座薬を使うほどではなかったです。

3日間は違和感と多少の痛みで過ごしづらかったですが、仕事も休みだったので困るほどではなかったです。

内出血はもうなくなり、すこしむくんでいるなんじですが、痛みもかなり軽減され、半袖も着れるくらいに回復してます。

腕も高くあげるときは少し気を使いますが、あとは普通に過ごせてます。

女性20代:Yさん

Yさん
ジムに通ったり毎日マッサージをしても顔と二の腕の部分はなかなかお肉が落ちないので悩んでました。

以前、医師にバッカルファットをとっていただき、また脂肪吸引もやりたいと思っていました。

医師によって、脂肪吸引のメリットもデメリットも詳しく説明をしてくださり、安心してお願いできると思いました。

今回は、顔と二の腕の脂肪吸引です。痛みは麻酔の針を刺すときくらいで、それ以降の記憶はありません。気づいたら終わってました。

今はまだダウンタイム中で痛み腫れもある状態ですが日に日に痛みも腫れも引いてるので、これからが楽しみです。

これから圧迫着をしっかり付けて、その後のケアを頑張りたいと思います。

 

二の腕が簡単に痩せるダイエットアイテムは?

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

脂肪吸引は確かに二の腕を痩せるのに効果的な方法かもしれませんが、失敗のリスクもつきもの。

なので、もっと安全な方法でスリムな二の腕を手に入れたい!という人もいるでしょう!

 

そんな方におすすめなのが『バンビウォータープラス』という高い痩せ身効果で今大注目のスリミンジェル!

美容成分90%配合の超温感ジェルを気になる部分に塗るだけで脂肪を燃焼することができるとともに美肌も同時にできるという女性のダイエットにおすすめのアイテムなのです。

 

自宅で簡単に二の腕痩せを図ることができるので、エステやマッサージに通う必要もありません。

今ならお得にゲットできるキャンペーンも実施中ですので、気になる方はぜひ一度ご覧ください!

 

今ならキャンペーン期間中!15%OFFでゲット

 

まとめ

二の腕痩せで脂肪吸引は失敗する?口コミを調査してみた!

今回は、二の腕痩せで脂肪吸引は失敗するのか実際の口コミを調査しました。

メリットがある一方で、死亡事故などの恐ろしいデメリットがあるのも脂肪吸引です。

努力せずに簡単に痩せられるのは嬉しいポイントですが、命まで落としてしまっては意味がありません。

 

死亡には至らなくとも痛みや跡が残ったり、高額な医療費が必要であることも事実です。

そうした諸々のデメリットを考えていくと二の腕痩せにベストな方法とは言えないのかもしれませんね。

 

今ならキャンペーン期間中!15%OFFでゲット