毛孔性苔癬改善に効く薬やクリームは?

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

日本においても意外と多くの人が発症している毛孔性苔癬。

特に、痛みはないのでそのまま放置してしまう人がいますが、そのままだとニキビ跡のようなものができ、見た目もあまりよろしくはありません。

ましてや、夏場などに肌を露出した服を着た時、男性は女性の二の腕をジロジロ見て、お肌の綺麗さをチェックしていたりします。

 

そんな時に、毛孔性苔癬ができてブツブツな状態だと、相手からも勝手に悪い印象を持たれてしまいます。

また、自分自身も恥ずかしくて、肌を露出した服などが着れないことでしょう。

そんな厄介な毛孔性苔癬は、専用の薬やクリームを使うことで自宅でもケアすることができるようですが、果たしてどれを選べばいいものなのか・・・。

 

そこで今回は、毛孔性苔癬改善に効く薬やクリームをご紹介していきます!

 

毛孔性苔癬の原因は?

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

毛孔性苔癬とは、二の腕にできたブツブツのことを言うことがありますが、実は二の腕だけじゃなく全身にできるもので、広範囲に渡ってブツブツが発症しているのが特徴です。

そんな毛孔性苔癬は、角質が毛穴に詰まることで、それが隆起して発生するものなのですが、痛みはそれほどないので自覚症状もなく、ひどくても痒みがある程度です。

この毛孔性苔癬は、小児期から思春期に最も多く発症して、20代になれば症状も緩和し、30代にはほとんどなくなるくらい快方に向かっていきます。

 

しかし、古い角質が詰まることで肌のターンオーバーにも影響を与えてしまいます。

そんな毛孔性苔癬は、お肌に出来る肌トラブルとして悩んでいる人の多いニキビとは何が違うのでしょうか?

 

毛孔性苔癬とニキビの違いは?

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

毛孔性苔癬は、肌表面にブツブツとして現れるためニキビだと勘違いしてしまっている人が多いようですが、実態は全くの別物なのです。

なので、ニキビと同じ対策をしたところで毛孔性苔癬の改善には繋がらないので注意しましょう。

 

では、どのような違いがあるのかというと毛孔性苔癬は、先ほどもお伝えした通り『角質』が毛穴に詰まり、それが盛り上がりブツブツとなる症状のこと。

一方で、ニキビは毛穴に『皮脂』が詰まり、その皮脂によりアクネ菌というものが増殖して肌が炎症を起こしている状態のことをいいます。

 

ニキビはアクネ菌の増殖を抑えれば解消することができますが、毛孔性苔癬は毛穴に詰まった角質を取り除かないといけないので、なかなか簡単には治りません。

また、ニキビはポツポツと単一でできるのに対して、毛孔性苔癬は広範囲にブツブツが出るという違いもあります。

そのため、見た目も悪く肌を露出するのに抵抗を持っている人も多いのです。

 

そんなニキビとは違う毛孔性苔癬はピーリングなどを受けることでも改善することができるのですが、人によって時間がない人もいることでしょう。

ただ、最近は毛孔性苔癬を改善する薬やクリームも販売されており、自宅でもケアできるようになりました。

では、毛孔性苔癬改善用の薬やクリームは、本当に効果があるのでしょうか?

 

毛孔性苔癬は薬やクリームで改善するの?

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

毛孔性苔癬は、病院に行かなくても治ったという人はいるものの、本当に治るのか気になりますよね?

ただ、これについては事実なのですが、そういった人は自宅などで毛孔性苔癬に効く薬やクリームを使って治療していることがほとんど。

なので、そういったものを使えば毛孔性苔癬を自宅でも治療することはできるのですが、すでに数多くの商品が販売されているので、どれを選べばいいのか分からない人も多いことでしょう。

 

そこで、毛孔性苔癬で改善が見られたという人が多かった薬やクリームを特徴や肌質の事にも触れながら、ご紹介していきたいと思います!

自分にはこれかな?と思うクリームがありましたら、ぜひ試してみて下さい。

 

その1:尿素クリーム

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

まず、毛孔性苔癬に効果が高いことで有名なのが尿素クリーム。

すでに市販されているザラプロやニノキュアといった商品にも尿素が配合されています。

 

尿素クリームには

  1. お肌を柔らかくしてくれる効果
  2. 角質溶解作用(軽いピーリング効果)
  3. お肌を活性化させる効果

という効果があり、比較的毛孔性苔癬と相性の良いクリームになります。

 

ですが、長期的にずっと使い続けるのにはお勧めできません。

というのも、角質溶解作用(軽いピーリング作用)では、一番外側の古い角質をはがし、新しい角質をだすという働きをします。

 

毛孔性苔癬って古い角質が剥がれ落ちないのだから、すごくいい!とおもう方もいらっしゃいますが、使い続ける事によって、まだ新しい角質もはがしてしまうことになるのです。

そうすると、肌に水分が十分にいきわたらなくなり、乾燥を招いてしまうので、毛孔性苔癬が逆に悪化してしまったという人は、一旦尿素クリームの使用をやめることをおすすめします。

 

また、まだまだお肌が柔らかい、お子様にも使わないようにして下さい。

古い角質が剥がれ落ちていないといっても、お子様の肌は十分柔らかいので、乾燥を招いてしまう可能性が高いからです。

 

その2:馬油・ココナッツオイル

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

馬油・ココナッツオイルも毛孔性苔癬の改善に効果のある働きをしてくれる商品の1つ。

まず、馬油には

  • 浸透力
  • 殺菌作用
  • 炎症を沈め熱を取り去る
  • 保温
  • 血液循環促進

という効果があり、肌トラブルを解消するとともに保湿によって美しい肌を保つようにしてくれます。

 

また、ココナッツオイルは、

  • 免疫力を高める
  • 美白効果・抗炎症作用
  • 代謝アップ
  • アトピー肌の改善

これらの効果が期待できます。

つまり、お肌をダメージから守りつつ、代謝促進によりターンオーバーを正常化させ、新しいキレイな肌へと入れ替えてくれるというわけです。

 

馬油とココナッツオイルどちらにも該当していることが、食べることができ体に害がないということです。

また、最初は尿素クリームを使って、頃合いをみて、こちらに変えるのも効果的です。

 

その3:ピュアルピエ

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

出典:http://niki-beauty.com/sp/review/purerte.html

ピュアルピエは、保湿・美白・美容成分が入った二の腕の毛孔性苔癬改善用のジェルです。

その他にも、お肌に悪い合成香料や着色料など一切使用していない、無添加処方ですので敏感肌の方にもおすすめです。

 

二の腕専用と書いてはありますが、デコルテや背中にも一応使えます。

ですが、やはり、二の腕を専門的に作られているという事と、背中は皮膚が分厚いことから、効果がないことはないが、二の腕よりはるかに時間が係ってしまう場合があります。

 

ただ、尿素クリームや馬油・ココナッツオイルに比べると毛孔性苔癬改善にダイレクトに効果を発揮する有効成分が配合されているので、早期改善も期待することができます。

また、毛孔性苔癬改善後のお肌もキレイにキープしてくれるのがピュアルピエの魅力だといえます。

そんなピュアルピエの実際の口コミはこちらをご覧ください。

 

まとめ

毛孔性苔癬 改善 薬 クリーム

今回は、毛孔性苔癬改善に効く薬やクリームをご紹介しました。

他にもいろいろなクリームがあり、このクリームを使ったら改善された!というクリームも確かにたくさんありますが、その中でも、改善された!という声が一番多いものを3種類紹介させていただきました。

馬油やココナッツオイル、ピュアルピエは確かにお肌には優しいですし、敏感肌の方も安心してお使いはいただけますが、その人の肌に合うかどうかはわかりません。

 

口コミがいいから私も絶対よくなるはず!という考えを持っているとストレスになってしまいますので、肌質は人によって違うので効果も違うということを頭の片隅に入れておいてください。

 

また、今回挙げた4種類のクリームの中で、ピーリング作用が入っているのは、尿素クリームだけです。

デメリットこそありますが、ターンオーバーが遅れている肌にはぴったりですので、始めだけ使ってみたりするのも良いと思います。

尿素クリームを使用してみたいけどデメリットが少しきになるという方は、尿素のパーセンテージが低いものを使用してみるのもよいかもしれません。

 

市販の尿素クリームは、一番多くて20%まで配合されています。

もし不安なようであれば、10%等、配合量の少ないクリームから始めると良いと思います。

尿素クリーム・馬油・ココナッツオイル・ピュアルピエ等々、様々なクリームがありますが、その人の肌に合う物を見つけることが一番大変かと思います。

 

ここに挙げた4種類のクリームすべて効果なしという方ももしかしたらいるかもしれません。

ですが、気を落としてしまったりマイナス思考になってしまうのもストレスとなり、悪化してしまう事もありますので、自分のペースで改善を目指してみてください。